日本矯正歯科学会専門医と認定医について

 
参考<日本矯正歯科専門医名鑑制作委員会 ><日本矯正歯科学会>
 
インビザライン治療おいて、矯正歯科治療の専門知識は必須です。簡単な治療に見られがちな反面、インビザラインは矯正歯科治療において、高い技術と知識、そして経験が必要とされています。日本各地の矯正歯科医を中心に、6,400名を越える会員により構成されている「日本矯正歯科学会」という矯正歯科治療の学術機関が存在します。日本矯正歯科学会は日本最大の会員数を誇り、もっとも歴史のある学術機関とされています。
 
その日本矯正歯科学会において、「認定医」と「専門医」という学会発行の制度があります。
 
日本の歯科医師法によると、歯科医師免許を持つ者は歯科医学に関するあらゆる分野を自由に治療することを認めています。したがって専門知識や矯正歯科分野の技術や経験がなくとも歯科医師である全ての医師に矯正治療を手がけることが許されています。
 
そんな中で、専門知識の修得のない歯科医が、矯正専門歯科の看板を掲げ患者とトラブルを起こすような治療も存在しています。様々な治療が細分化する中で、その分野の最先端治療を行うのは難しいという現状があり、上記で述べた「認定医」、「専門医」という制度を設けています。
いくつかの矯正専門の学術機関が存在しますが、日本矯正歯科学会の制度がその他の専門機関と比べて一番難易度が高いとされています。

<2015年日本矯正歯科学会発表>
 
 

日本で矯正歯科治療を行っている歯科医師の数は約20,000人いるとされています。その中で日本矯正歯科学会の認定医は2965人(2015年)で全体の約15%、専門医になると305人(2015年)で全体の約1.5%と、極めて少数の資格になっています。
矯正専門医という肩書きで紹介されている歯科医を目にすることがありますが、一般的に知られている矯正専門医とは、矯正治療をメインで行っている歯科医院であって、その中で「専門医」や「認定医」の資格を有しているかどうかは別な話です。

認定医について

 
 
 日本矯正歯科学会の認定医制度では以下のような条件を設けています。
 

a. 歯科医師免許を有すること


 

b. 歯科医師免許取得後、5年以上継続して学会会員であること


 

c. 学会指定研修機関において5年以上矯正歯科研修を修了したもの


 

d. 学会の認めた学術刊行物に矯正歯科臨床に関する報告を発表したもの


 

 e. 学会倫理規定を遵守する者


 
日本矯正歯科学会の認定医になると基本的な学術の知識と技術を持ち合わせていると言われています。認定医になるまでは5年以上の矯正治療経験が必要になり、おおよそ50症例以上の症例実績が必要とされると言われています。矯正歯科医の中でも全体の15%程しか取得者がおらず、難関な資格とされているので認定医であれば数多くの症例実績があるのは間違いありません。

専門医について

 
 
 日本矯正歯科学会の専門医制度では以下のような条件を設けています。
 

a. 日本矯正歯科学会認定医資格を有する歯科医師



b. 10年以上継続して学会会員である者



c. 学会の定めた10種類の課題症例を自分で治療し、その全ての治療結果が学会の定めた基準を満たして合格すること



d. 過去10年以内に学会の定めた刊行物、または学術集会において矯正歯科に関する発表をした者



e. 学会倫理規定を遵守する者



f. 他科の専門医を有していてもかまわない 


 
専門医制度は、国際レベルの視野で、非常に高いレベルの制度として2006年に新設されました。国内はもとより国際的視野で矯正歯科医療の発展に奉仕すると同時に、 認定医および専門医をめざす歯科医師の育成と臨床研修をサポートできる者とされています。 専門医資格は認定医資格を取得したうえ臨床試験として症例の提示と試問審査に合格、さらに学術大会においてこれらの症例報告を行った者に与えられます。 審査は厳正に行われ、症例の治療結果も極めて厳格に評価されています。
その取得には高い技術レベルと豊富な経験、そして深い専門知識が必要です。 矯正歯科治療を行う歯科医全体の中で1.5%の取得者しかおらず、極めて難関な門とされており、日本矯正歯科学会の専門医は、国際的にも高い評価を受けています。

インビザドクターの認定基準制度について

 
認定医、専門医だからと言って誰もが信頼できる技術と実績を兼ね備えている腕の良い医師とは限りませんが、それぞれの制度で取得した医師らは、歯科治療における専門分野において、治療技術、知識は兼ね備えているとみていいでしょう。当サイトでは、この制度を参考にし、矯正歯科治療の実績を兼ね備えた上で、多くのインビザライン治療を行っている日本のトップドクターの意見を取りいれ、スーパードクター(50症例以上)、ゴールドドクター(100症例以上)の2つの認定基準を設けて歯科医院情報を掲載しています。