itero

インビザライン iTero 光学3Dスキャニングとは

 

iTeroスキャニングシステムとは、口腔内を直接コンピューターに取り込むことが可能な、世界で最新鋭の3Dスキャニング装置です。
従来のインビザラインのアライナー製作は、口腔内をシリコン印象材で歯型を採ります。iTeroを用いた場合は、シリコン特有の匂いや、シリコンが硬化するまでの時間などを気にする必要がなく、より精度の高い歯型を採ることができます。スキャニングの結果はその場で確認することが出来るので、歯型を取り直しの為に、再度来院する必要がありません。iTero の導入によって、インビザライン矯正治療が開始されるまでの期間は、約10日~12日間短縮されます。

 
 
 

日本でiTeroを導入する歯科医院は27医院

 
世界のインビザライン矯正治療において、iTeroの出現は、非常に大きなインパクトをもたらしました。世界では2011年頃より光学デジタルスキャニングが導入されています。欧米では当たり前に使われている先端医療機器が日本では承認が遅れるなどして、使えないというケースが相次いでいます。これは「デバイスラグ」と呼ばれ、平均でアメリカが1.2年なのに対し、日本では3年以上というのが現状です。
日本での、初導入は2014年頃から開始され、現在までに約27台のiTeroが国内導入されています(2016年現在)
 
日本のインビザライン矯正治療において、当サイトが推奨する50以上の症例実績のある医院の数はまだ少数ですが、インビザライン治療にiTeroを導入している医院の数は、更に稀な数となっています。
 
 

シリコン印象とiTeroのアライナーが製作されるまでの比較

 
インビザライン矯正治療のシリコンで歯型を採取する方法は、現在も一般的な採取方法として多くの医院で用いられています。
iTroの登場により、歯型を採ってから、アライナーが製作されるまでの工程がシリコン印象と比べ格段に早くなりました。(約10日以上短縮されました)
 

※本文は、iTeroを用いた事により、シリコン印象より高い治療結果を保証するもではありません。精度の高いアラーナー製作は重要な要素の1つですが、治療結果においては、患者さんの続ける努力と医師の経験や知識に大きく左右される事は言うまでもありません。

【通常のアライナー製作の流れ】

【iTeroを用いたアライナー製作の流れ】

シリコン印象を採得後、印象の輸送

iTero3Dスキャンで歯型を採取


日本の医院で、3Dモデル作製のためのシリコン印象を採得します。
採得されたシリコン印象は、米国のアライン・テクノロジー社に輸送します。

iTeroでスキャニングされた患者さんの口腔内のデータはインターネット経由で
そのままコスタリカへ送信されます。


インターネット経由でコスタリカへ送信
10日以上の時間短縮が可能になります
コスタリカへ輸送


輸送された印象は、コスタリカの工業用CTにてスキャニングされます。

コスタリカで、イニシャルクリンチェック作製


コスタリカで、日本の医院で作成した治療計画を基に、
専門のオペレーターによってデジタルな治療計画が作成されます。

ここまでの作業は、約2週間かかります。

コスタリカで、日本の医院で作成した治療計画を基に、
専門のオペレーターによってデジタルな治療計画が作成されます。


作成された治療計画のデータは、インターネット経由で
コスタリカから日本へ


インビザライン専用の治療計画シミュレーションソフト
(クリンチェック®)を使用して、治療計画を4~5回変更の
指示をします。治療計画の変更はインターネット経由で
日本とコスタリカでのやり取りが行われます。
コスタリカ工場で製造


治療計画が承認されたデータは、コスタリカの製造工場へ送られ、
個々のマウスピースがミリングマシーンによって
1枚ずつカスタムメイドで作製されます。


コスタリカから日本の医院へ出荷

作製されたマウスピースはコスタリカの製造工場から出荷され,
10日~12日かかり日本にたどり着きます。
アライナー到着治療開始

シリコン印象の提出からインビザライン治療が開始されるまでには、
4週間~6週間かかります。


データの提出からインビザライン治療が開始されるまでには、
3週間~4週間かかります。

通常のアライナー製作の流れ

iTeroを用いたアライナー製作の流れ

シリコン印象を採得後、印象の輸送

iTero3Dスキャンで歯型を採取

日本の医院で、3Dモデル作製の
ためのシリコン印象を採得しま
す。採得されたシリコン印象は、
米国のアライン・テクノロジー
社に輸送します。
iTeroでスキャニングされた患者さん
の口腔内のデータはインターネット
経由でそのままコスタリカへ送信さ
れます。

インターネット経由でコスタリカへ
送信!10日以上の時間短縮が可能に
なります
コスタリカへ輸送
輸送された印象は、コスタリカ
の工業用CTにてスキャニングさ
れます。

コスタリカで、イニシャルクリンチェック作製

コスタリカで、日本の医院で作成
した治療計画を基に、専門のオペ
レーターによってデジタルな治療
計画が作成されます。

ここまでの作業は、約2週間かかります。
コスタリカで、日本の医院で作成
した治療計画を基に、専門のオペ
レーターによってデジタルな治療
計画が作成されます。

作成された治療計画のデータは、インターネット経由で
コスタリカから日本へ


インビザライン専用の治療計画シミュレーションソフト
(クリンチェック®)を使用して、治療計画を4~5回
変更の指示をします。治療計画の変更はインターネット
経由で日本とコスタリカでのやり取りが行われます。

コスタリカ工場で製造

治療計画が承認されたデータは、コスタリカの製造工場へ
送られ、個々のマウスピースがミリングマシーンによって
1枚ずつカスタムメイドで作製されます。


コスタリカから日本の医院へ出荷

作製されたマウスピースはコスタリカの製造工場から
出荷され,10日~12日かかり日本にたどり着きます。

アライナー到着治療開始
シリコン印象の提出からインビザライン
治療が開始されるまでには、
4週間~6週間かかります。

データの提出からインビザライン
治療が開始されるまでには、

3週間~4週間かかります。

治療開始から終了までに3~4回この作業を行いますので、
iTeroを使用するとtotalの治療期間は1カ月以上短縮されます。