「確かな実績と確かな安心。」

インビザライン50症例以上がインビザドクターの認定基準  

 
 
 
インビザラインは目立たずに矯正治療ができる優れた装置ですが、最新鋭といってあたかも何でも矯正できる装置として、過剰に宣伝されている傾向があります。
 
実際に治療がうまくいかない事例も数多く存在します。
 
そのため、適応性があるかどうか?の見極めが治療を行う歯科医師にとって重要な判断基準になってきます。全ての矯正治療において、この方法が適切か?というとそんな事はありません。
 
当サイトでは、治療を希望する患者さんが慎重に、安心して歯科医師を選べるように、50症例以上という症例実績を設けました。
 
50症例と聞くと少ない印象を受ける方もいるかと思いますが、50症例以上の治療実績がある歯科医師は日本ではまだ数すくないのが現状です。
 
インビザラインシステムは装置の名称です。一人一人に合わせた診断や治療計画の立案には、幅広い矯正治療の知識と経験が必要となります。従来の矯正装置(マルチブラケット装置)の治療が上手に出来る先生がインビザラインシステムでも同じように上手に矯正治療が出来るとは限りません。
 
専門知識のない歯科医やインビザライン独自の動きを把握していない矯正医が治療をし、治らない例も数多く存在しています。インビザラインを用いた矯正治療は、すべての歯科医が上手に治療できるわけではありません。
 
患者さん側の目線で見たら同じに感じても、矯正治療は歯科治療の中でも専門性が高く、『インビザライン』の場合はさらにインビザラインの知識・経験により治療結果が大きく変わるので、適切な治療計画を立てられる歯科医院を慎重に選ぶことが重要になってきます。
 
当サイトの基準は、第一線でインビザライン治療を専門的に行う歯科医師に取材や、問い合わせを続けて得た情報の中で、50症例という1つの基準が、経験として認知されるボーダーラインと認定しています。
 
当サイトでは、「インビザライン矯正で失敗をしない」ために、インビザラインにおける50症例以上の症例実績持つ歯科医をご紹介いたします。